にきび予防には食べ物も考えます
img_02

にきび予防には食べ物も考えます

にきびが出来る原因のひとつは皮脂の過剰分泌により毛穴に皮脂が詰まることで、予防するには正しい洗顔と保湿が大切になります。にきびを予防するには、洗顔や保湿で外側から肌を整えることは必要ですが、予防にするには体の内側からのケアをするために食べ物にも注意する必要があります。



にきびを予防するために摂取すべき食べ物はいくつかありますが、その中でも赤パプリカ、手羽先、納豆は摂取します。

赤パプリカは緑黄色野菜で、緑黄色野菜には活性酸素の働きを防いで、肌を作るコラーゲンの生成を助けるビタミンCが豊富です。
赤パプリカは緑黄色野菜の中でもビタミンCが多く、摂取することでにきびの原因ともなる皮脂の分泌量を防ぎ、角栓が溜まりにくい状態に整えます。


ビタミンCは熱に弱いですが、赤パプリカに含まれるビタミンCは熱に強く壊れにくいです。

教えて!goo情報が絶対見つかります。

オイルで炒めると肌の角質化を防ぐ効果があるβカロテンの吸収率が上がります。

手羽先は新陳代謝を促進して老廃物の排出を助けます。

納豆はビタミンB2を多く含みます。
ビタミンB2は抗酸化作用があり、血行促進して肌のターンオーバーを促します。
脂質も分解するため皮脂の過剰な分泌も抑えることができるのです。

これらの食べ物以外にも、にんじんやほうれん草に含まれるビタミンAは、皮膚のターンオーバーを促すため肌のハリや艶を整え毛穴の詰まりを防ぎ、レバーや牛肉などに含まれるミネラルは、コラーゲンを作る際に必要で、新陳代謝を促進して活性酸素の働きを抑制します。にきびを予防するためには、スキンケアだけではなく、食べ物で体の内側からも対策することが大切なことです。