にきび予防には、インナーケアがおすすめ
img_02

にきび予防には、インナーケアがおすすめ

にきびを予防するためには、スキンケアによる外側からのケアだけでなく、体の内側からのインナーケアも必要です。

インナーケアといっても、特別なサプリメントを利用するというものではありません。



日頃の生活習慣を改めるというものです。

ストレスによってできる場合は、ホルモンのバランスが崩れてしまうことによって起こるので、リラックスタイムを生活に取り入れるのも効果的です。


具体的には食生活と睡眠時間、運動、規則的な生活リズムが基本です。
しかし、なかなか思うようにいかないことが多く、途中で挫折してしまうことも少なくありません。

そのため、ひとつの目的に絞ってインナーケアを行うのがおすすめです。ひとつの目的とは、腸内環境を整えることです。
にきび予防のためには、腸内の善玉菌を増やし、便秘の解消をすることがとても効果的です。



女性の場合、便秘体質の人が多く、にきびや吹き出物が大量発生することがよくあります。

便秘が解消されることで、にきびだけでなく肌質も良くなり、キメの整った肌になることも可能です。
よく言われるのが、ヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせです。


また、りんごを切って入れるとペクチンも摂れるのでおすすめです。

この組み合わせを間食で食べたり、食後に食べると良いです。


にきびはできてしまうと治るまで時間がかかり、繰り返すことも多いです。

跡が残ってしまい、シミのようになることもあります。できた患部に薬を塗り続けるよりも、予防に力を入れる方が賢明です。

このサイトでBIGLOBEニュースに関する情報が閲覧できます。