img_02

にきび予防のための洗顔方法の注意点

ニキビができると余分な皮脂が原因に違いないと脱脂力の強いニキビ予防効果をうたった専用の石鹸を使ってごしごしと洗ってしまう人がいます。

実際に皮脂が過剰二分いつすることが原因となってできる思春期の頃のニキビなら別なのですが、大人になってできるニキビの予防のためにはむやみに洗顔することは注意が必要です。

過剰な皮脂を洗い流し、皮膚を清潔に保つことはにきび予防のためにはとても大切にですが、大人にきびの場合過剰な菱と言うよりもその根本的な原因が皮膚の乾燥にあることが珍しくありません。

皮膚が乾燥することとニキビができることは一見すると矛盾するようにも感じられますが、皮膚が乾燥することで肌の新陳代謝の周期が乱れ、不要になった皮膚が上手く剥がれ落ちにくくなって毛穴をふさぐこともにきびができることに繋がるといわれています。また、特に女性は生理周期にあわせて同じような時期に同じような場所にニキビが出来てしまうという人が少なくありません。



排卵によってホルモンバランスが変化することで体にはさまざまな変化が現れます。



そしてホルモンバランスの変化が肌の乾燥に繋がってニキビとなってあらわれることもあります。

そんな大人のにきびの予防のためには、洗顔方法にも注意が必要です。



刺激の少ない洗顔料を使って丁寧にあわ立ててから泡を転がすようにして優しく肌を洗うようにします。

にきびが気になるからと言ってごしごしこすったりすると悪化させてしまう可能性が大きいので注意します。