にきびを予防するには
img_02

にきびを予防するには

思春期から気になり始めるにきびですが、大人になると治りにくくなり、ひどく目立つようになります。

発生したものをケアすることも重要ですが、長期的に見ると予防することの方が大切だといえます。



第一に大切なのは、不潔な手で顔を触らないことです。

清潔でない手で触れると、表面化していないにきびが大きくなったり、症状が悪化したりするので、普段から顔を触る癖がある人は触らないように意識しましょう。予防に有効とされている食品を食べることも効果的です。


脂質をコントロールする効果を持つビタミンB2やビタミンB6、肌の代謝を助けるビタミンCが含まれる食材を積極的に摂取するといいでしょう。



ビタミンBはサンマやサバ、ビタミンCは果物に多く含まれています。

食事による予防は効果が出るのに時間がかかり、実感しにくいですが、人の体は食べたもので出来ているという基本的なことを思い出しましょう。
ストレス軽減や十分な睡眠もにきび予防につながります。

過剰なストレスは血行や代謝に悪影響をもたらし、肌のバランスの乱れにつながります。

睡眠が不十分だと肌の成長が阻害され、肌質全体が悪化してしまいます。
疲れたと感じたら作業を早めに切り上げて休んだり、夜更かしする日を減らすなどして体をいたわりましょう。ここまで見ていくと、バランスの良い食事や健康的な生活が大切だということに気づくでしょう。

ライフスタイルとにきびの発生には深い関係があるのです。

OKWaveはかなり有益な情報が揃っています。