img_02

にきびの予防について

性別に関わらず、肌は4週間で新しい皮膚となります。


睡眠や栄養、ストレスを敏感に感じ取って肌に影響を及ぼしますが、きちんとした予防方法をとることでにきびを防ぐことが出来ます。

にきび予防を大きく分けると4つあり、正しいスキンケアと十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事にストレス解消です。



スキンケアと洗顔は毎日行うことが大切で、怠ってしまうと意味がありません。

BIGLOBEニュース情報が満載です。

まず手洗いをし、化粧をしている場合はクレンジングをしていきます。



乾いたティッシュは肌を傷つけてしまうので、保湿成分入りのティッシュやコットンに水を含ませたもので軽くふき取っていきます。水か体温くらいのぬるま湯で洗い直し、洗顔料を泡立て顔の中心から髪の生え際に向かって顔を洗います。

人肌以上の温度で洗い流すと肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、熱いお湯で洗い流すことは避けます。

肌を擦らないようにして水気を取り、化粧水やジェルクリームなどで保湿を行っていきます。にきび予防に睡眠が必要ですが、長く眠れば良いわけではありません。

22時から26時の間に眠ることが肌のゴールデンタイムとされていましたが、最近では入眠から3,4時間が成長ホルモンが分泌されやすいため、その時間に質の良い睡眠をとることが大切だと言われています。

また、牛乳や卵、肉などのビタミンB群を中心にバランスの良い食事をとり、できてしまったにきびの修復にはビタミンCとEを一緒にとることで効果が期待できます。

そして、過度なストレスも肌荒れの原因となってしまうため、自分の好きなことをしてストレスを発散させていくことが大切です。